質問など掲示板はこちら⇒

トップページホームページビルダーのココに注意>どこでも配置機能について、、、
どこでも配置機能について、、、

スポンサードリンク




どこでも配置機能ってなんじゃい?

どこでも配置機能とは「Version6」から追加された機能である。この機能は
いわゆる「レイアウト枠」を使ったレイアウトを簡単にできるようにしたものである。
標準モードのレイアウト方法とはちがい非常に簡単にホームページを作成することが
可能となった優れものである(^。^)


なんかあかんのかー?。

さてこの「どこでも配置機能」についてを解説していきたいとおもいます。

この「どこでも配置機能」。すっごく便利で楽チンなのですが、二つの弱点があります。

それは、、、、



1.モニターや解像度、などによっては表示のされかたが異なってくる

2.ネットスケープナビゲーターでは表示のされ方が若干異なる。



とくに「質問掲示板」で良く聞かれるのが「1」のほうであろう。




1.の問題について,,,


これはどこでも配置機能の基本である「レイアウト枠」というものが
「座標」を元にして配置されるからである。

つまり解像度を変えて表示して見るとわかるが、下のようなことがおこってくる。


800X600の場合(これを基本とした) 1024X768の場合








ようこそ僕のページへ!

ゆっくりしてってね(^。^)


目次

TOP|日記|掲示板|リンク








ようこそ僕のページへ!

ゆっくりしてってね(^。^)


目次

TOP|日記|掲示板|リンク



上のように「800X600では中央にレイアウトして作ったつもり」でも
「1024X768」の人からみれば「左によったページ」となるのである。


2.の問題について、、、

ネットスケープではぐちゃぐちゃになってしまう場合があったりするようです。
これも上記のような「標準モード」でつくれば問題はほとんどないでしょう。

しかしこれもそうなのですが、ネットスケープを無視!と言う方は
直す必要はないです、、、





どうやってなおすんやー? Version6  6.5の場合  Version7の場合

Version6  6.5の場合は、、、

これを直すにはもはや「標準モード」で作成し、「表」を駆使して作るほかないと
僕はおもっています^^;;

もし既存のページを標準モードに直し「レイアウト枠」から出して修正する場合は
下記のようにしてページを開きましょう。







さあ開いたページに下記の様な枠がたくさん出てくると思います。
これがレイアウト枠です。これから文字や画像を全てだしましょう。




さあすべてレイアウト枠から出せたら「表示⇒レイアウト枠一覧」






で下記のような画面が出たらレイアウト枠を欄からえらび⇒削除、をして全て消しましょう。





さあこれだけ修正ができたらあとは下記で「表」について学んで
表を使ってレイアウトすることをオススメします^^

http://hpb.cool.ne.jp/hpbuilder/hyou.htm

http://hpb.cool.ne.jp/hpbuilder/hyou_2.htm



しかしすこし全体的にずれるだけですので気にしないかたは
大丈夫でしょう(^。^;)





Version7の場合は、、、

7の場合は大変簡単です。

すでに作ったどこでも配置モードのホームページを開き、
その後「ファイル⇒ブラウザ共通のレイアウトに変換して保存」をすれば
標準モードで、なおかつ、すべての配置を「表」に変換してくれます^^
しかも次回同じページを開いたときは「どこでも配置モード」で編集可能です!!^^
Version7の購入をお考えの方は、
ここを参照ください^^
















トップページホームページビルダーのココに注意>どこでも配置機能について、、、
PC操作がサクサク動く!軽さNo.1・検出率No.1のウイルス対策ソフト!